日頃の感謝の気持ちを込めた母の日の贈り物

母の日とは、毎年5月の第2日曜日と決められている日で日頃の感謝の気持ちを込めてプレゼントなどの贈り物を贈る日としてもいまでは定着がされています。

最近何かと話題の母の日の情報収集がもっと楽になります。

もともとの起源は、日本ではなくアメリカで発祥した記念日ですが日本で母の日が定着されてきたのは大正時代からのことで、いまでは赤いカーネーションを贈り物に贈る風習があります。


お母さんいつもありがとうという気持ちを伝えるのが母の日であり、一般的にはフラワーギフトに赤いカーネーションなどを贈る日ではありますが、絵を描いてプレゼントをしたり買いものや調理などの家事を手伝うことでも日頃の大切なことをしてくれてありがとうという気持ちが伝わるはずです。



日本では、赤いカーネーションをフラワーギフトに贈るのが風習になっていますが、すべての国がこのような風習ではなくオーストラリアではカーネーションではなく菊の花を贈る風習があるそうです。

プレゼントに毎年、花を贈ることがありきたりになってしまったという方には花ではなく自分のお母さんの喜ぶものでも良いもので、甘いものが好物なのであればスイーツや和菓子などでも良いはずです。



また、ショッピングが好きなのであれば買いものをするための商品券や旅行がすきなのであれば旅行券などでも良いもので、母の日にはフラワーギフトとして赤いカーネーションを贈るという風習はありますが、毎年同じものを贈ることがありきたりになったという方にはお母さんの好きな物を贈ることが良いでしょう。